クレジットカード業界の三つのCとは?

jncyclknクレジットカード会社では、借り主を審査をする場合、三つのCというチェックポイントがあるので、解説していきましょう。
まずひとつ目のCはCharacter、すなわち性格を意味する訳ですが、実務では約束は必ず守る・借りた物は必ず返す等の意味合いで使われると考えて良いでしょう。
その対象は基本的にはお金そのものであり、当該の業界では、審査においてビジネスライクに、希望金額が高額であればあるほどシビアになる傾向があります。
例えば、借り受けた借金の返済が、予め決められた期日までに返済出来ていなかったとか、返済する事が出来なかった等という事実です。
この事実は信用調査機関のデータベースに記録され、一定期間の間は保持し続けます。
そうなれば、クレジットカード会社からお金を貸し出して貰うというのは、困難を極めるでしょう。
但し、決められた期間が過ぎれば当該データーベースに記録された、事故記録は削除されますから、一定の期間は我慢するというのが最良の策と言えます。
続いて二つ目はCapacityですが、ここでは返済能力という意味で使われます。
この能力は、最も重要なポジションにあると言っても過言ではありません。
ですから返済能力を裏付ける客観的な事実が、重要であり、場合によっては給与明細や確定申告関連の書類の提出も求められる場合もあるでしょう。
そして最後のCはCapital、つまりマンションや土地、あるいは貯金や債権等があるかを問われます。
Capitalは、先のCharacterとCapacityがクリアーされていたとしても、想定外の事象により、返せる筈のお金を返せないという事があるかも知れません。
そんな時の為に、予め確認しておく必要があるのです。
以上、三つのCはこれから先も変わる事無く、クレジットカードの審査に適用され続けるでしょう。